マンスリーマンションはそこそこな長期滞在には向いてるのかも

Monthly apartment

マンスリーマンションのメリット・デメッリト&ビジネスホテル

茶色い壁のアパート

マンスリーマンションやウィークリーマンション、誰でも聞いたことがあると思います。基本的には、マンスリー【月単位】ウィークリー【週単位】の単位で、更新のない契約形態「定期貸借家契約」を結びます。

▼マンスリー、ウィークリーのメリット
・家具を買う必要がない
・敷金礼金がない為、必要経費を軽減出来る
・月、週単位で借りれるので、長期出張や短期滞在に向いている
・保証人がいなくても入居できる
・水道光熱費が貸料に含まれている
・審査が優しくなっている

▼マンスリー、ウィークリーのデメリット
・インテリアの自由度が低い(もともと家具や電化製品が揃っている為)
・長期期間借りないと、料金は安くならない
・途中解約が大変(借りる期間で割安プランなどがあり、違約金が発生し思わぬ出費が。)
・好きな場所に借りられない
・料金前払いの場合が多く、その場合初期費用が高くつく

▼どの程度借りていれば、安くなるのか
3ヶ月、6ヶ月以上の長期の滞在の場合に、1ヶ月の賃料が安くなってくる。

▼ビジネスホテルとマンスリー・ウィークリーだとどっち?
7ヶ月~8ヶ月くらいまでは、マンスリーマンション。1週間未満だとビジネスホテルのご飯含め生活環境に耐えれるなら、便利さでいうとビジネスホテルが便利で安いです。ホテルだと、毎日清掃が入るので、綺麗な空間で掃除をする手間がありません。また、1年以上はやはり賃貸マンションが安いです。

▼ビジネスホテルとマンスリーとの契約面では?
ビジネスホテルでは、1日からの更新が書類不要で可能ですが、マンスリーマンションなどは、再度契約手続きが必要になってきます。契約面では、ビジネスホテルの方が、予定にあった柔軟対応がきくのがメリットです。

目的や滞在期間を決めて損をしない宿泊先選びをしよう。

PICK UP

  • 古びたマンション

    父の面倒を見るのにマンスリーマンションを

    父が手術のため入院をすることになったのですが、その間面倒を見るために病院まで一時間半かけて行かなければならないので大変でした。手術自体はそれほど難しいもの…

    »詳しく見る

  • きれいなマンション

    マンスリーマンションの特徴と魅力

    マンスリーマンションの特徴は月単位で契約することが出来る短期型の家具付きマンションのことをいいます。通常賃貸マンションというのは2年毎に契約更新といった形…

    »詳しく見る